上間善之

/ 東京交響楽団首席ホルン奏者

沖縄県出身。13才よりホルンを始める。1996年沖縄県立芸術大学卒業、同大学卒業演奏会に出演。シュガーホール新人演奏会にて優秀賞受賞。97年桐朋学園大学研究科終了。ホルンを故 安原正幸に師事。97年仙台フィルハーモニー管弦楽団に入団。2000年第17回日本管打楽器コンクール、03年第71回日本音楽コンクール、04年第20回日本管打楽器コンクール、それぞれにおいてファイナリストとなる。06年東京交響楽団に首席奏者として移籍。ジャパンホルンカルテット(MEISTER MUSICレーベル)より「ヒンデミット:4本のホルンの為のソナタ」CDをリリース。現在、東京交響楽団首席ホルン奏者、ジャパンホルンカルテット、アレキサンダーホルンアンサンブルジャパン、BlackBrassFive、各メンバー。

http://tokyosymphony.jp/pc/aboutTSO/orc_member/hr_uema.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 五十畑勉

    東京都交響楽団ホルン奏者

  2. 日高剛

    東京藝術大学准教授

  3. 熊井優

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者

ページ上部へ戻る