鈴木学

/ 東京都交響楽団ソロ・ビオラ首席奏者

suzuki_manabu_va

5歳よりヴァイオリンを始め、鈴木愛子、田中千香士、原田幸一郎の諸氏に師事。桐朋学園大学音楽学部(ヴァイオリン)卒業。同大学研究科にてヴィオラを江藤俊哉氏に師事。1991年研究科(ヴィオラ)修了後、ドイツ給費(DAAD・ドイツ文化交流会奨学金)を得てハンブルク国立音楽大学に留学、深井碵章氏に師事。
1993年、エリーゼ・マイヤー・コンクール(ハンブルク)第2位、ドイツ・ブンデスホッホシューレ・コンクール(リューベック)入選。
1993年、オーストリアのリンツ・ブルックナー管弦楽団に入団、2004年まで首席ヴィオラ奏者をつとめる。オーケストラ入団後も、ザルツブルクのトーマス・リーブル氏に師事し多大な影響を受ける。同オーケストラとはソリストとしても共演し、リンツ・ブルックナーハウスでの演奏会やドイツ演奏旅行でも好評を博す。又、同オーケストラの首席奏者により弦楽四重奏団を結成し、ウィーン・ザルツブルク・ミュンヘン・チューリッヒ・ミラノ等で活躍。オーストリア放送(ORF)等の数々の録音に携わるなど積極的に活動する。
ルツェルン音楽祭、インターナショナルブルックナーフェスティバル、オーバーエスタライヒ・シュティフツコンツェルト、サンガト音楽祭 (ムンバイ)等数々の音楽祭にソリスト、室内楽奏者として招かれている。室内楽ではムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ライナー・クスマウル、ペーター・ルーカス・グラフ、カール・ライスター、アルト・ノラス、チョーリャン・リン、アラン・ギルバートらと共演。ソリストとしては東京都交響楽団、リンツ・ブルックナー管弦楽団をはじめマインツ室内管弦楽団、九州交響楽団、ジャパン・チェンバー・オーケストラ等多数のオーケストラと共演。2006年にはエリアフ・インバル指揮、東京都交響楽団でE・ブロッホのヴィオラ組曲(コンチェルト版)を、2012年にはヴィオラスペース・ガラコンサートにて原田幸一郎指揮、桐朋学園オーケストラでI.エロードのヴィオラ協奏曲を日本初演している。また、サイトウ・キネン・フェスティバルには毎年参加。ヴィオラ・スペース、霧島国際音楽祭、木曽福島音楽祭、ゆふいん音楽祭にも出演。2009年2月より紀尾井シンフォニエッタのメンバーでもある。トッパンホール アンサンブルには度々登場、同シリーズのライブCDにも参加している。
2009年10月にはサントリーホールにて日本では初めての開催となったニューヨーク・フィルハーモニックのヤング・ピープルズ・コンサートにて司会を務め、好評を博す。
オーバーオーストリア弦楽協会アカデミー、桐朋学園オーケストラアカデミー、ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン等にて後進の指導にも精力的にあたっている。

https://www.tmso.or.jp/j/tmso/orchestra/profile/suzuki_manabu_va

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 横溝耕一

    NHK交響楽団ヴァイオリン奏者・ウェールズ弦楽四重奏団ビオラ奏者

  2. 佐々木亮

    NHK交響楽団首席奏者

  3. 鈴木康浩

    読売日本交響楽団ソロ・ビオラ奏者

ページ上部へ戻る