篠崎史紀

/ NHK交響楽団第1コンサートマスター

IMG_0239

NHK交響楽団コンサートマスター。愛称 “まろ”。3歳より両親の手ほどきを受け、1981年ウィーン市立音楽院に入学。翌年コンツェルト・ハウスでコンサート・デビューを飾る。その演奏は、「信頼性のあるテクニック、遊び心もある音楽性」「真珠を転がすような丸く鮮やかな音色、魅惑的な音楽性」と各メディア紙から称賛される。その後ヨーロッパの主要なコンクールで数々の受賞を果たしヨーロッパを中心にソロ、室内楽と幅広く活動。

88年帰国後、群響、読響のコンサートマスターを経て、97年N響のコンサートマスターに就任。以来”N響の顔”として国内外で活躍する。ヨーロッパ公演では、「コンサートマスターの篠崎は言葉にならないくらい神がかっていた」「篠崎のカリスマ的な姿は、銀白の鎧をまとった戦士のようでもあり、全てを統括していた」と評される。

2004年より銀座・王子ホールでスタートした『MAROワールド』。このシリーズから弦楽合奏団「マロカンパニー」が結成された。これらの功績により、「 2020 年度第33回 ミュージック・ペンクラブ音楽賞」受賞。

その他、79年史上最年少で北九州市民文化賞、2001年福岡県文化賞、2014年有馬賞受賞。

東京藝大、桐朋学園、昭和音大で後進の育成にも力を注いでいる。WHO国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス評議会議員。

使用楽器は1735年製ストラディバリウス(株)ミュージック・プラザ 神田侑晃より貸与)。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 松田拓之

    NHK交響楽団次席第1バイオリン奏者

  2. 大江馨

    レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリンコンクール第3位

  3. 後藤康

    NHK交響楽団第1バイオリン奏者

  4. 伝田正秀

    新日本フィルハーモニー交響楽団ゲストコンサートマスター

  5. 森田昌弘

    NHK交響楽団次席第1バイオリン奏者

  6. 倉冨亮太

    NHK交響楽団第1バイオリン奏者

ページ上部へ戻る