西江辰郎

/ 新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター

nishie-tatsuo

1976年生まれ。幼少より辰巳明子氏に師事し、桐朋女子高等学校音楽科(共学)を経て、桐朋学園ソリストデュプロマコース修了。在学中校内オケのコンサートマスターを務め、93年には初リサイタルを開く。88年から96年にかけて国内のコンクールに多数入賞。97年よりスイスへ留学し、Tibor Varga氏に師事。ローザンヌ、シオン、ジュネーヴ、フランスなどで数多くのフェスティバルに出演。2001年弱冠24歳で仙台フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターに就任。シェヘラザード、ブラームスのドッペルコンチェルトにて、SPC大賞を受賞。外山雄三氏、梅田俊明氏の指揮で、多くのソロを受け持ち、「英雄の生涯」のソロでは絶賛された。03年セレーノ弦楽四重奏団を結成し第11回、12回松尾音楽助成受賞。また、原村室内楽セミナーにて最優秀カルテットとして「緑の風音楽賞」を受賞。ダグラス・ボストーク(Douglas Bostock)氏に認められ、チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団のチェコでの定期演奏会にソリストとして招かれたほか、ジュゼッペ・アンダローロ(Giuseppe Andaloro)とのデュオリサイタルでアレッサンドロ・クオッツォ(Alessandro Cuozzo)の「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ2003」を世界初演、CDもリリースされた。(FOCD-9236)05年4月より新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターに就任。同年せんだい芸術祭大賞。06年イタリアにてアンダローロとリサイタルツアーを行い、クオッツォ氏より「無伴奏ヴァイオリンソナタ」を献呈される。

ヴァイオリンを辰巳明子、故ティボール・ヴァルガ、景山誠治、藤原浜雄、海野義雄の各氏に、室内楽をガボール・タカーチ・ナジ、岡山潔、安永徹、市野あゆみ各氏に師事。日本各地、オーストリア、スイス各地、フランス、イタリア、チェコ、韓国などで演奏。また、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団にゲスト・コンサートマスターとして招かれる。サイトウキネンオーケストラメンバー。これまでに、ソリストとして東京交響楽団(新田ユリ)、オーケストラ・T・ヴァルガ(T.Varga)、仙台フィルハーモニー管弦楽団(外山雄三、梅田俊明、広上淳一、G・ピヒラー)仙台市民交響楽団(山田和樹)、オーケストラ・アンサンブル金沢(外山雄三)、チェコ室内フィルハーモニー管弦楽団(D.ボストーク)、新日本フィルハーモニー交響楽団(広上淳一、C・アルミンク)等、国内外のオーケストラと共演。07年10月には「M・マイスキー60歳記念プロジェクト」でチェロのミッシャ・マイスキー氏、娘のリリー・マイスキー氏と共にピアノトリオで共演。ピアノの坂野伊都子氏とのデュオで多くの室内楽演奏会を日本各地で開くほか、ソロでも積極的に活動している。

現在新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター。

http://homepage3.nifty.com/nishie-tatsuo/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 双紙正哉

    東京都交響楽団第2バイオリン首席奏者

  2. 傳田正秀

    読売日本交響楽団アシスタントコンサートマスター

  3. 戸澤哲夫

    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター

  4. 崎谷直人

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター

  5. 篠崎史紀

    NHK交響楽団コンサートマスター

  6. 佐久間聡一

    広島交響楽団コンサートマスター

ページ上部へ戻る