菊本和昭

/ NHK交響楽団首席奏者

sKikumoto-Prof

NHK交響楽団首席トランペット奏者。国内外のコンクールに積極的に参加し、2002年、日本トランペット協会設立20周年記念トランペットコンクール第1位。第19回日本管打楽器コンクール第1位。2003年、第72回日本音楽コンクール第1位及び増沢賞、E.ナカミチ賞、聴衆賞。2006年、第4回済州ブラスコンペティション第2位(済州・韓国)。2007年、第3回リエクサ国際トランペットコンクール第3位(リエクサ・フィンランド)。2008年、エルスワース・スミス国際トランペットソロコンペティション第2位及びChosen Vale賞受賞(ボストン・アメリカ)。コンクール以外においても、2006年度青山音楽賞新人賞、第31回神戸灘ライオンズクラブ音楽賞、平成19年度坂井時忠音楽賞、第12回松方ホール音楽賞(金管楽器部門)、平成24年度兵庫県芸術奨励賞、平成24年度京都芸術新人賞を受賞。
独奏者としてこれまでに大津、西宮、京都、神戸、東京でリサイタルを開催。2007年6月には東京オペラシティ・リサイタルシリーズ「B→C バッハからコンテンポラリーへ」に出演。2009年6月にアメリカで開催された“Chosen Vale 国際トランペットセミナー”に於いてソロコンサートを開催した。J.ハイドンの協奏曲を東京交響楽団、京都市交響楽団と、H.トマジの協奏曲を新日本フィルハーモニー交響楽団と、A.アルチュニアンの協奏曲を神奈川フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団と共演。室内楽奏者としても京都トランペットグル-プ「Summer Breeze」、きょうと金管五重奏団、ジャパンブラスコレクション、いずみシンフォニエッタ大阪各メンバーとして活動中。2004年より約7年間、京都市交響楽団に在籍した。

1980年兵庫県生まれ。西宮市立今津中学校吹奏楽部にてトランペットを始める。私立洛南高等学校を経て京都市立芸術大学首席卒業及び同大学院首席修了。大学派遣によりフライブルク音楽大学に交換留学し、A.プログ教授、E.アントニー各氏に師事。第73回読売新人演奏会、第19回YAMAHA管楽器新人演奏会に出演。2008年4月より(財)ロームミュージックファンデーション奨学生として、また(財)青山財団の助成を受けカールスルーエ音楽大学に1年間留学。R.フリードリッヒ教授、Dr.E.H.タール教授、K.ブレーカー、L.ヴコブラトヴィッチ各氏にバロックトランペットからオーケストラスタディまでを幅広く師事。これまでにトランペットを早坂宏明、有馬純昭の両氏に、室内楽を呉信一教授に師事。西宮音楽協会会員。関西トランペット協会理事。「バンドジャーナル」2008年度ワンポイントレッスン担当。ソロアルバム《奏鳴曲 Sonate》リリース。ドルチェ・ミュージックアカデミー講師。洗足学園音楽大学准教授、東京藝術大学非常勤講師。

http://kazuaki-kikumoto.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 安藤友樹

    東京フィルハーモニー交響楽団トランペット奏者

ページ上部へ戻る