日高剛

/ 東京藝術大学准教授

slargesize

宮崎市出身。
1990年長崎大学経済学部に入学。
同大学を卒業後、東京藝術大学にてホルンを学ぶ。1996年よりオランダ・マーストリヒト音楽院に留学。帰国後、2000年広島交響楽団に入団。
その後、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団を経て、2005年NHK交響楽団入団。2008-2013年まで首席代行ホルン奏者を務めた。 ホルンアンサンブル「つの笛集団」メンバー。
宮崎国際音楽祭、霧島国際音楽祭、草津国際音楽アカデミー&フェスティバルに参加。
2009年にはドイツ・オストフリースランド夏の音楽祭に招待され、ソロ、室内楽を演奏。
モーツァルト作曲「協奏交響曲」のソリストを務めるなど好評を博した。 現在、邦楽器とホルンの共演や、「ホルンと彫刻の調べ」と題した演奏会を開催し
音楽と美術のコラボレーションを試みるなど、多彩な演奏活動を行う。 2013年4月より東京藝術大学准教授。洗足学園音楽大学客員教授も務める。
2012年フォンテック社よりCD「Variation for Horn」、2013年ビットマップ社よりEtude CD ホルン「コップラッシュ60の練習曲」をリリース。

http://conmoto.jp/hidaka/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 五十畑勉

    東京都交響楽団ホルン奏者

  2. 熊井優

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団ホルン奏者

  3. 上間善之

    東京交響楽団首席ホルン奏者

ページ上部へ戻る