鈴木一成

/ 神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ファゴット奏者

fg_ks

2009年愛知県立芸術大学音楽学部音楽科器楽専攻管打楽器コース卒業。
2011年桐朋学園大学音楽学部研究生修了。
愛知県立芸術大学在学中に学内オーディション合格者による「室内楽の楽しみ」、定期演奏会、卒業演奏会など多数出演。
2009年3月、日演連主催のオーディションに合格し竹本泰蔵氏指揮、名古屋フィルハーモニー交響楽団とウェーバーの協奏曲を共演し中日賞受賞。
第30回日本管打楽器コンクール入選。
ファゴットを青谷良明、岡本正之の各氏に師事。
2010年9月より一年間新日本フィルハーモニー交響楽団の契約団員を務め、2013年5月より神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ファゴット奏者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 岡本正之

    東京都交響楽団首席奏者

ページ上部へ戻る