横川晴児

/ 元NHK交響楽団首席クラリネット奏者

横川晴児

’68年に渡仏、ジャック・ランスロ、ユリス・ドゥレクリューズ他に師事。ルーアン音楽院、

パリ国立高等音楽院をともにプルミエ・プリを得て卒業後、フランス国内で演奏活動を行う。帰国後東京フィルハーモニー交響楽団を経て’86年にNHK交響楽団首席奏者に就任。

ソリストとしても、N響定期公演はじめ国内外のオーケストラとたびたび共演。室内楽の分野では、国内外において数々の音楽祭・演奏会で著名なソリストたちと共演している。

ジュネーブ国際コンクールはじめ、世界のコンクールで審査員を務める。近年は指揮者としても活動している。元国立音楽大学客員教授。軽井沢国際音楽祭音楽監督。トート音楽院学院長、習志野シンフォニエッタ千葉芸術監督。ビュッフェ・クランポン社専属テスター。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 堂面宏起

    日本フィルハーモニー交響楽団クラリネット奏者

ページ上部へ戻る