松田拓之

/ NHK交響楽団次席第1バイオリン奏者

松田拓之

 1975年山口県生まれ。5歳よりヴァイオリンを始める。桐朋女子高等学校(男女共学)を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。2000年にNHK交響楽団にヴァイオリン奏者として入団。

指揮者を置かない室内オーケストラ「ARCUS(アルクス)」を国内第一線で活躍している演奏家たちと結成、2005年3月にデビュー。ひとつのテーマにそって演奏者みずからが企画するというコンサートをおこなっている。また、メンバーが意見を出し合って構成される、「ARCUSファミリーコンサート」や、2・3歳児を対象にした「よちよちワークショップ」等子供向けの意欲的なプログラムにも力を入れている。

新日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団などに客演首席奏者として出演。ソロ・室内楽をはじめオーケストラの指揮、指導などの分野にも力を入れている。現在、NHK交響楽団次席奏者、昭和音楽大学講師、桐朋学園大学オーケストラ特別招聘講師、桐朋学園オーケストラアカデミー講師。これまでにヴァイオリンを辰巳明子、堀正文、指揮を山本七雄、小泉ひろしの各氏に師事。

ブログhttp://heroviolin.exblog.jp

ホームページhttp://www.herovn.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 倉冨亮太

    NHK交響楽団第1バイオリン奏者

  2. 戸澤哲夫

    東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団コンサートマスター

  3. 水谷晃

    東京交響楽団コンサートマスター

  4. 篠崎史紀

    NHK交響楽団第1コンサートマスター

  5. 伝田正秀

    新日本フィルハーモニー交響楽団ゲストコンサートマスター

  6. 後藤康

    NHK交響楽団第1バイオリン奏者

ページ上部へ戻る