冨田大輔

/ 読売日本交響楽団ヴィオラ奏者

冨田大輔

三重県出身。愛知県立芸術大学を経て、東京芸術大学を卒業。同大学大学院修士課程修了。
第3回みえ音楽コンクールヴィオラ部門第1位。第13回日本クラシック音楽コンクール弦楽部門全国大会第4位。
セイジ・オザワ松本フェスティバルにサイトウキネンオーケストラのメンバーとして出演するほか草津夏期国際音楽祭やアフィニス音楽祭などに参加。
大学院に在学中選抜され芸大室内楽定期に出演のほか、原村室内楽セミナーでは最優秀で「緑の風音楽賞」を受賞し、奨学金を受ける。プロジェクトQ、JTが育てるアンサンブルシリーズ、リゾナーレ音楽祭など数々の演奏会に出演。また彩の国アーティストとしてさいたま芸術劇場にて室内楽コンサートにも出演、また埼玉県内の小中学校でアウトリーチ活動など様々な室内楽活動を展開。
日本フィルハーモニー交響楽団を経て、現在読売日本交響楽団ヴィオラ奏者。
これまでにヴィオラを野上阜三博、兎束俊之、川崎和憲、岡田伸夫の各氏に師事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連メンバー

  1. 鈴木康浩

    読売日本交響楽団ソロ・ビオラ奏者

  2. 佐々木亮

    NHK交響楽団首席奏者

  3. 大島亮

    神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席ビオラ奏者

ページ上部へ戻る